22年度 問題6⑩ 水質基準 (正誤で×を選択) その9

6.次の文章のうち、正しいものには○、誤まっているものには×を、解答用紙の解答欄に記入 (マーク) しなさい。また、誤まっているものには、誤まっている箇所 (1ヵ所) の記号も記入 (マーク) しなさい。

⑩水質基準に関する省令が改正されカドミウムおよびその化合物に係る水質基準は、㋐2010年4月より、㋑「0.01mg/L以下」から「0.003mg/L以下」に変更された。これは、㋒食品安全委員会の食品健康影響評価として耐容週間摂取量が示されたことに起因する

【解説と解答】
これは難しいですね。完全に知っているかどうかです。
予想としては、年月まで覚えるのは大変なので㋐は正解だろうし2010年の試験です。基準が厳しくなったのですが、厳しくなるのは規制の自然な流れであり、厳しくなった要因があるでしょうから㋑も正解でいいと思います。となると、㋒ですね。
キーワードとして、「食品安全委員会」「食品健康影響評価」「耐容週間摂取量」の3つが出てきており、もっともらしいですが、しっかり仕事をしているという意味でも正解でいいのではと思います。なんとなく㋒に引っ掛けがあると思えば㋒×でもいいと思います。

食品のカドミウムといえば、「コメ」です汚染された土壌から吸収します。←これは覚えておいてください
このカドミウムについて、このたび食品安全委員会で議論されました。

消費者庁
食品中のカドミウム対策に係る関係府省庁の連携推進について
http://www.caa.go.jp/safety/index1.html

食品安全委員会
http://www.fsc.go.jp/
食品安全委員会とは
http://www.fsc.go.jp/iinkai/index.html

解答一覧

⑩→○

6問目という時間帯にストレスがかかりそうな問題です。
じっくり考える⑧以外は正解できそうな気がしますが、考える時間がないという究極の試験では豪華くらいと同じ7割前後を目指したいですね。