22年度 問題14 消費者契約法 (正誤で×を選択) その1

問題14は、消費者契約法についての法律の基礎知識を問う問題です。
基本の基本で、現場でも必須です。
法律の解釈については、ボリュームが多いですが、逐条解説が参考書になります。
重要なポイントや、改正があった部分などをおさえておいてください。
「消費生活アドバイザー 受験合格対策」に最低限のポイントは網羅されておりますので、チェックしておくことをおすすめします。
全問正解できるぐらいにしっかり勉強しておいてください。
とはいうものの、細かな解釈問題が出題されており、難しいです。残った選択肢の最後の決定に悩むものが多く、じっくり考えていると回答時間がなくなってしまいます。
直感的に回答することも必要ではないかと思います。