22年度 問題16 割賦販売法 (正誤で×を選択) その1

「割賦販売法」、略して「割販法」です。
クレジットに関する法律です。
クレジットといっても、さまざまな分類パターンがあります。
特に、特商法が2009年に改正されたときに、割販法も同時に改正されており、しかも、これが非常に重要な改正になっています。
しっかり覚えておいてください。
ただし、現場では、実際に割販法に基づいてあっせんするという機会はあまりないように感じます。

個別信用購入あっせん、マンスリークリア、クーリングオフ(特商法との連動)などはポイントです。
設問は、個別信用購入あっせんが中心になります。
もちろん、改正の背景が、被害の増加にあわせているのは基本ですね。

割賦販売法(経済産業省HP)
http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/11kappuhanbaihou.htm
割賦販売法関係資料
http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/112kappuhanbaihoukankeishiryou.htm

割賦販売法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO159.html
割賦販売法施行規則
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36F03801000095.html

割賦販売法の逐条解説は、HP等に掲載されていませんので、各種参考資料を見るか、必要な場合は別途購入してください。
改正割賦販売法の概要
http://www.meti.go.jp/policy/economy/consumer/credit/pdf/112-1kaiseikappanhousetumeisiryou.pdf