23年度 問題1⑥~⑧ 消費者基本法 (正誤で×を選択) その3

1.次の文章のうち、正しいものには○、誤まっているものには×を、解答用紙の解答欄に記入 (マーク) しなさい。また、誤まっているものには、誤まっている箇所 (1ヵ所) の記号も記入 (マーク) しなさい。

⑥消費者基本法は、㋐消費者庁及び消費者委員会の設置された平成21年に消費者保護基本法から改正されたものであり、㋑消費者政策の基本理念および㋒国や地方公共団体、事業者の責務を定めている。
⑦消費者基本法では、㋐消費者の安全が確保されること、㋑商品および役務について自主的かつ合理的な選択の機会が確保されること、㋒消費者の意見が消費者政策に反映されることなどがを定められている。
⑧消費者基本法では、事業者の責務として、㋐消費者の安全および消費者との取引における公正を確保すること、㋑消費者に対し必要な情報を明確かつ平易に提供すること、㋒消費者との取引に際して、消費者の知識、経験および財産の状況等に配慮することを定めている。。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】