23年度 問題8①② クリーニング (正誤で×を選択) その2

8.次の文章のうち、正しいものには○、誤まっているものには×を、解答用紙の解答欄に記入 (マーク) しなさい。また、誤まっているものには、誤まっている箇所 (1ヵ所) の記号も記入 (マーク) しなさい。

① クリーニング業法では、利用者に対する説明義務等として、㋐クリーニング料金の根拠となる標準的な洗たく物の処理方法を明示しなければならないこと、㋑洗たく物の処理方法等について説明するよう努めなければならないこと、㋒苦情の申出先を明示しなければならないことを定めている。
② クリーニング業法では、クリーニング業を㋐溶剤または洗剤を使用して、衣類その他の繊維製品または皮革製品を原型のまま洗たくすることを営業とすることと定義しており、クリーニング所を㋑洗たく物の処理または受取および引渡しのための営業者の施設と定義している。㋒クリーニング所を開設しないで、車両を店舗として用いて洗たく物の受取および引渡しをする営業形態はクリーニング業者には該当しないと判断されている。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】