23年度 問題11 訴訟 (選択穴埋) その2

11.次の文章の[   ]の部分に入れるのに最も適切な語句を、下記の語群の中から選び、解答用紙の解答欄にその番号を記入(マーク)しなさい。なお、同一記号には同一語句が入る。

【語 群】

1.簡易裁判所 2.主要な事実 3.任意的 4.判決 5.調停 6.土地管轄  7.訴訟指揮権
8.依頼者 9.職権探知主義 10.あっせん 11.客観的な事実 12.了承 13.処分権主義
14.適正手続の保障 15.職分管轄 16.地方裁判所 17.決定 18.敗訴者 19.自白 20.強制的

問題11 (前半部分)[ ア ]~[ オ ]

貸金返還請求、交通事故による損害賠償請求等の民事の紛争は、訴訟、仲裁、[ ア ]、和解(示談)、という手続によって解決することができる。[ ア ]では、相手方の[ ア ]期日への正当な理由がない不出頭に対しては過料の制裁があるものの、欠席者があると手続は進行しないうえ、相手方には合意するか否かの自由がある。これに対し、民事訴訟は[ イ ]な手続であり、被告とされた者は、被告となることを拒絶することはできず、第1回口頭弁論期日に答弁書を提出せずに欠席すると、原告の主張を[ ウ ]したものとみなされ、敗訴判決を受けることがある。2回目以降の期日を欠席したときにも手続を進められてしまうこともある。
[ ア ]の申立て・訴訟の提起は、原則として被告の住所地を管轄する裁判所に対して行う。これを[ エ ]という。
高度な法的専門性を要求される民事訴訟においても、必ずしも弁護士等の訴訟代理人に事件の処理を委任しなければならないということはなく、弁護士報酬が原則[ オ ]の負担となるものでもない。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】