23年度 問題12①② 消費者契約法 (正誤で×を選択) その1

12.次の文章のうち、正しいものには○、誤まっているものには×を、解答用紙の解答欄に記入 (マーク) しなさい。また、誤まっているものには、誤まっている箇所 (1ヵ所) の記号も記入 (マーク) しなさい。

① 消費者契約法は、㋐消費者と事業者との間の情報の質および量ならびに交渉力の格差にかんがみ、㋑事業者に一定の不当な勧誘行為があったことを要件として消費者に取消権を与え、㋒消費者の利益を不当に害することとなる一定の条項を無効としている
② ㋐株式会社、㋑PTA、㋒税理士個人は、常に消費者契約法第2条の「事業者」にあたる。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】