23年度 問題19⑤⑥ 景品表示法 (正誤で×を選択) その2

19.次の文章のうち、正しいものには○、誤まっているものには×を、解答用紙の解答欄に記入 (マーク) しなさい。また、誤まっているものには、誤まっている箇所 (1ヵ所) の記号も記入 (マーク) しなさい。

⑤ 景品表示法は、不当表示と過大な景品提供を禁止している。景品表示法上の㋐「表示」には事業者向けの表示も含まれるが、㋑不当表示として規制できるのは一般消費者向けに行われたものである。一方、㋒過大な景品提供については、事業者向けのものも規制できる
⑥ 景品表示法上の不当表示である優良誤認(同法第4条第1項1号違反)としては、例えば、㋐中古自動車の走行距離を過少に表示する事例、㋑観光土産品などに見られるいわゆるアゲゾコに関する事例、㋒製品の省エネ効果を過大に表示する事例などがある。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】