23年度 問題20 個人情報保護法 (選択穴埋) その2

20.次の文章の[   ]の部分に入れるのに最も適切な語句を、下記の語群の中から選び、解答用紙の解答欄にその番号を記入(マーク)しなさい。なお、同一記号には同一語句が入る。

【語 群】

1.利用の停止 2.第三者の同意 3.暴力団追放 4.法令に基づく場合 5.目的外 6.因果関係 7.公衆衛生
8.廃棄 9.利用目的 10.手数料 11.本人の同意 12.概念 13.相当の関連性 14.裁判に基づく場合

問題20 [ ア ]~[ キ ]

個人情報取扱事業者(以下、事業者という。)による個人情報の利用に関する大原則は、あらかじめ[ ア ]を得なければ、[ イ ]の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱ってはならないということである。そして、この[ イ ]は、できる限り特定しなければならない。
個人情報保護法は、誰がどのような個人情報を保有しているかということだけでなく、「何のために」保有しているかを明確にさせ、それによって、個人情報の利用の限界を画することとしている。そのため、[ イ ]の特定は、事業者の規制の最も基本的な事柄といえる。情報主体である本人は、[ ウ ]の利用が判明した場合には、当該本人が識別される保有個人データの[ エ ]を求めることができる。
しかし、同法は、[ ア ]を得ずに[ イ ]の達成に必要な範囲を超えて利用できる場合として、4つの例外を設けている。まず、[ オ ]である。次に、人の生命、身体または財産保護のために必要がある場合であって、[ ア ]を得ることが困難であるとき。そして、[ カ ]の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、[ ア ]を得ることが困難であるとき。最後に、国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、[ ア ]を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるときである。
しかしながら、事業活動の変化などによって、個人情報を保有する事業者においては、保有している個人情報をそれまでと異なった利用をする必要が生じることが考えられる。そこで、同法において、[ イ ]の変更の規定をおいているが、[ イ ]の変更には、変更前の[ イ ]と[ キ ]を有すると合理的に認められる範囲を超えてはならないという制限がある。これを超える変更は許されず、変更について[ ア ]を得るか、新たな[ イ ]を示して再び個人情報を取得しない限り、変更後の新たな[ イ ]で個人情報を利用することはできない。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】