24年度 問題1⑤~⑦ 消費者行政と関連法 (正誤で×を選択) その2

1.次の文章のうち、正しいものには○、誤まっているものには×を、解答用紙の解答欄に記入 (マーク) しなさい。また、誤まっているものには、誤まっている箇所 (1ヵ所) の記号も記入 (マーク) しなさい。

⑤ 消費者庁は、㋐特定商品等の預託等取引契約に関する法律、㋑個人情報の保護に関する法律、㋒宅地建物取引業法等について所管している。
⑥ 消費者庁は、消費者被害の発生または拡大の防止のために必要な場合、㋐自ら所管する法律の規定に基づく措置を実施し、㋑他省庁の所管する法律の規定に基づく措置の実施を求め、さらに、重大事故等が発生し、重大消費者被害の発生または拡大の防止を図るために実施し得る法律の規定に基づく措置がない場合には、㋒事業者に必要な措置をとるべき旨を勧告することができる
⑦ 消費者委員会は、その所掌事務を遂行するために必要があるときは、㋐消費者庁、その他の関係行政機関、㋑関係する事業者団体に対して報告、資料提出、説明等を求めることができるが、㋒個別事業者に対する報告徴求の権限はない

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】