24年度 問題2 相談統計と消費者基本法 (選択穴埋め)  その2

2.次の文章の[ ]の部分に入れるのに最も適切な語句を、下記の語群の中から選び、解答用紙の解答欄にその番号を記入(マーク)しなさい。なお、同一記号には同一語句が入る

【語 群】

1.平易 2.居住 3.判断 4.更新料 5.安全 6.8 7.自立 8.ガソリン 9.需要 10.行使 11.保護 12.敷金
13.完全 14.通貨 15.架空請求 16.4 17.未公開株 18.適切 19.若者 20.責務 21.選択 22.義務
23.高齢者 24.簡潔 25.原状 26.条件 27.劇場 28.二次被害 29.プロパンガス 30.出会い系サイト

問題2 (1段落目)[ ア ]~[ ウ ]

消費者基本法は、1968年に制定された消費者[ ア ]基本法を全面的に改正して、2004年に制定された。それによって、消費者政策の基本理念は、消費者の権利の尊重とその[ イ ]の支援におかれることになった。消費者基本法には、権利として尊重すべき[ ウ ]種類の事項が規定されている。もっとも、消費者基本法の権利は、消費者政策や法の運用によって、初めて具体化される。その制度設計を考えるための基本は、消費者から寄せられる消費生活相談にある。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】