24年度 問題2 相談統計と消費者基本法 (選択穴埋め)  その5

2.次の文章の[ ]の部分に入れるのに最も適切な語句を、下記の語群の中から選び、解答用紙の解答欄にその番号を記入(マーク)しなさい。なお、同一記号には同一語句が入る

【語 群】

1.平易 2.居住 3.判断 4.更新料 5.安全 6.8 7.自立 8.ガソリン 9.需要 10.行使 11.保護 12.敷金
13.完全 14.通貨 15.架空請求 16.4 17.未公開株 18.適切 19.若者 20.責務 21.選択 22.義務
23.高齢者 24.簡潔 25.原状 26.条件 27.劇場 28.二次被害 29.プロパンガス 30.出会い系サイト

問題2 (4段落目)[ シ ]~[ ソ ]

消費者基本法には、「必要な情報が提供され」て、「自主的かつ合理的な[ シ ]の機会が確保される」ことが消費者の権利であると規定されている。また、「必要な情報を明確かつ[ ス ]に提供すること」や「取引に際して、消費者の知識、経験および財産の状況等に配慮すること」が事業者の[ セ ]として求められている。増加する[ ケ ]の消費者被害に関する相談では、そうした消費者の権利がないがしろにされ、事業者の[ セ ]が果たされていないとの現実がある。「被害が生じた場合には[ ソ ]かつ迅速に救済されること」も消費者の権利であるとされている。[ ケ ]の消費者被害の救済は、これからの重要な消費者政策の課題でもある。

【新しいサイトに引っ越しましたので、続きを読みたい場合は、新しいサイトでの会員登録をお願いします。】